自分の作ったグッズや夢の詰まったドレスを結婚式場に持ち込みたい!

持ち込んでもいいけれど有料なんです!

結婚式に必要なドレスやウェルカムグッズなどは、全部結婚式場と提携している業者を利用することで楽に準備できます。その式場で着ることができるドレスや、これに合わせる小物類などはブライダルフェアの試着会や、用意されているカタログなどで事前にチェックできるので、式場選びの参考にしましょう。自分でウェルカムグッズやブーケ等を作りたい人や、ドレスに自分の体形や身長に合ったデザインのものがない等と感じた場合は、自分で準備したものを持ち込むことも認められています。その時、どの結婚式場も持ち込み料が発生するシステムになっているので、余計に結婚式の費用が掛かることになります。妥協したくない人は、持ち込み料を払ってでも自分の思った通りにした方が後悔しないかもしれませんね。どうして持ち込み料というシステムがあるのか不思議ですが、これは提携業者を利用した時に式場側に支払われるはずだった手数料の代わりという意味を持っているんですよ。この手数料も、結婚式場を運営していくための大事な収入源となっています。

持ち込み料ってどれくらい準備しておけばいいの?

持ち込み料は、その式場によってどれくらい請求されるか違いがあります。どうしても払いたくない場合は、持ち込み料を無料化した結婚式場がおすすめ。引き出物などは1点で300円くらいに設定されているところが多いようです。引菓子も用意したいなら、その分もっとかかることになりますね。衣装の持ち込み料は安いところで約3万円、高いところで約10万円です。丁寧に衣装を保管してくれるところかどうかも確かめてくださいね。

名古屋の結婚式場は、結婚専用の式場だけでなく、ホテルや教会、レストランと多彩な場所で挙げることができます。

Calendar

2018年1月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031